英単語の裏技暗記法!コツとテクニックを紹介

英単語裏技暗記法 英語教材

英単語がなかなか覚えられないと悩んでいませんか?焦れば焦るほど記憶から消えてしまう英単語。ちょっとしたコツとテクニックがあれば、もっと楽に覚えられます!

この記事では、テストで高得点を目指す中高生に向け、英単語を効果的に覚える裏技を紹介します。即座に試せるテクニックばかりですので、試してみてください。

英単語の裏技暗記法!暗記が難しい理由を知ろう!

英単語裏技暗記法

多くの学習者が英単語の暗記を困難と感じるのには、いくつか一般的な原因があります。主な理由としては、以下の通りです。

  • 単語の意味の理解不足
  • 関連性の欠如
  • 覚える量の見積もり過多 など

これらの障害は、中学生から大人まで幅広い年齢層の英語学習者に共通しています。

覚えるのが難しい英単語の覚え方!ガイドラインを紹介

英単語の覚え方に苦労する最も一般的な理由は、単語の意味や使い方を単純に暗記しようとする点にあります。英語の単語をただ覚えるのではなく、それがどのように使用されるか、またその語源や関連する単語を理解しましょう。

さらに、一度に多くの単語を覚えようとするのも問題です。大量に覚えようとした英単語は、短期間で忘れてしまいます。

【英単語暗記法・その1】ノートやフラッシュカードの活用

単語を覚えるための具体的な学習ツール(ノートやフラッシュカードなど)を活用し、復習サイクルを設定しましょう。

単語を分類し、関連性のある単語を一緒に勉強して、覚えようとしている英単語の重要性を確認してみてください。実際のコンテキストで単語を使用する経験値が上がれば、長期暗記につなげられるかもしれません。

覚え方のコツ!
単語を理解し、関連付けて覚える方法が効果的です。また、学習量を適切に管理し、実践的な使用に重きを置くと、英単語を効率よく覚えられるはずです。

【英単語暗記法・その2】瞬間的リピーティングとイメージング

この方法は、英単語を短時間で繰り返し暗記し、視覚的なイメージを結びつけられると、記憶の強化につながると考えられます。

まず、単語を何度も声に出して繰り返します。その後、その単語に関連するイメージを思い浮かべ、できるだけ具体的に視覚化します。

例えば、単語が「apple(りんご)」なら、りんごの形や色、香りなどを想像します。このように、単語と具体的なイメージを結びつけると、記憶に定着させやすくなります。

上記書籍は、英単語を暗記するためだけでなく、その他の教科にも役立つはずです。時間のある時に読んでみてはいかがでしょうか。

効果的な英単語学習法

英単語裏技暗記法

効率よく、一気にたくさんの英単語を覚えたいと考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、あまりにも膨大な単語を自分の脳に記憶させるのは難しいかもしれません。それよりも、確実に暗記できる量をコツコツこなしましょう。

1日に覚える単語の量

英単語を勉強する際、一度に大量の単語を覚えようとすると圧倒されがちです。効果的に英語の単語を覚えるコツは、1日に覚える単語の量を制限しなければなりません。

理想的には、1日に5から10個程度の新しい単語を目標とし、これを繰り返し学習すると、より長期的な記憶に残りやすくなると考えられます。

少ない量のように感じるかもしれませんが、1ヶ月で150から300個もの新しい単語が覚えられるはずです。

インプットとアウトプットの活用

英単語を覚えるためには、インプット(入力)とアウトプット(出力)のバランスの良い実践が大切です。単語の意味を辞書で確認して読むのが、インプット。一方で、その単語を使って自ら文を作るなどの活動がアウトプットになります。

実際にコンテキストの中で単語を使ってみると理解が深まり、記憶にも定着しやすくなると考えられます。

学習のビジュアル化

人には、視覚を通じた方が、情報を処理しやすい特性があります。英単語を覚える際にも、この特性を活用すると暗記に役立つと考えられます。

例えば、単語を含む文をビジュアルに表現したり、単語の意味を象徴するイメージを連想するなどが挙げられます。このようなビジュアル化により、単語の意味をより効果的な記憶が可能になるはずです。

コツとテクニック

英単語裏技暗記法

英単語を覚えるには、ガムシャラに書いて覚えるよりも、コツとテクニックを使ったほうが効率的です。しかも、長期記憶に残りやすいのでおすすめです。

英単語の語源を学ぶ

英単語を覚える上で、語源を知ると理解が深まる傾向にあります。英単語がどのように形成され、どのような意味を持っているのかを調べてみるのも方法です。

特に、ラテン語やギリシャ語から派生した英単語は多く、語源を学ぶと複数の単語を一度に覚えるられる可能性が高まります。

英語の勉強では、単語の意味だけでなく、その背景にあるストーリーを理解することで、より深く記憶に残りやすくなります。

単語に関連する思い出を作る

新しい英単語を覚える際には、その単語に関連する個人的な思い出や体験を結びつけると良いでしょう。例えば、特定の単語を学んだ日に起きた出来事や、その単語が使われている曲を聴くなどして、感情と結びつけることです。感情と結びつけることで、単語が記憶に残りやすくなり、覚えた単語を忘れにくくなります。日常生活の中で単語を使ってみることも、単語に関連する思い出を作る有効な方法です。

thesaurusの活用

英語の勉強において、thesaurus(シソーラス、類義語辞典)の活用は、語彙力を高めるのに役立ちます。シソーラスを使って、覚えたい単語の類義語や対義語を調べれば、より多くの関連単語とその用法が学べます。例えば、「happy」の類義語として「joyful」、「elated」などを一緒に学ぶと、文脈に応じた適切な単語選びができると考えられます。類義語の学習は、英単語の覚え方を多角的に展開するのに役立つはずです。

適切な学習サイクルを選ぶ

英単語を効率良く覚えるためには、自分に合った適切な学習サイクルを見つける必要があります。一度に多くの単語を覚えようとせず、少しずつ繰り返し学習すると効果的だといわれています。

また、学習した単語は定期的に復習し、記憶を定着させましょう。短期間で集中的に学ぶ「スパート学習」と、長期間にわたり少しずつ学ぶ「ステップ学習」を組み合わせるなど、自分の生活リズムや学習スタイルに合わせたサイクルを作り、持続可能な英語学習を目指してみてください。

英単語の裏技暗記法のまとめ

英単語を覚える過程で最も重要なのは、単純な暗記に頼るのではなく、それぞれの単語を意味として理解し、適切なコンテキストで使用する能力を身につけることです。単語を覚える効果的な覚え方には、単語を関連性のあるグループに分類し、実際の文章の中でその単語を使用して単語の意味を深く理解するなどがあります。

中学生や英語の学習者が、少しずつでも確実に英単語を覚えていく中で、インプットだけでなくアウトプットも大切。具体的に言えば、学習した単語を使って自分で文章を作ったり、フラッシュカードを使ったりして、記憶に残りやすくする工夫が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました